マナー接遇セミナーやトレーニングのことなら

【接遇力】秘めたパワーを発揮させるあのテーマパーク接遇力から学べ

真弥三浦
WRITER
 
接遇力
この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

こんにちは、好印象&チアーアップアドバイザーの三浦真弥です。

接遇力とはどのような「力」なのでしょうか?

力は英語でPowerですが、パワーって見ることって出来ないですね。

でも、しっかりと感じることが出来ます。

 

車のパワー、バッテリーのパワー、スポーツ選手のパワーなど、はっきりと認識することが出来ます。

今回は、この接遇力という「力」「パワー」とはどのようなものなのか、話したいと思います。

三浦 真弥

 

 

接遇力とは

接遇力

力とは、何かを動かすものです。

車で言えば、エンジンがパワーの源になるわけですね。

 

接遇を発揮するために、必要なエンジン、パワーとは何でしょう?!

パワーは、その内に秘めているものです。

スマホのパワーはバッテリーになります。

充電されているかどうか、バッテリーを見ただけでは判断できません。

スマホが起動し動いた時に、パワーを感じることが出来るわけですね。

 

では、接遇のパワーを感じる場面とはどのような場面でしょうか?!

それは、相手を幸せな気持ちにさせたり、良かったと思わせることが出来た時ではないでしょうか?!

このような力を感じた時に、「接遇力がある!」と感じます。

 

つまり、接遇力とは「相手に好印象を与えるための、判断力と行動力」ということが言えます。

その人の持っている、体験やスキルが相手の対応の一瞬に出る訳です。

 

では、この一瞬の判断力と、行動力はどのように身に付けるのかというと、普段の心がけになります。

接遇という言葉に集約される、様々な必要とされることが日々の積み重ねで力となります。

 

とは言っても、「効率的に、的確に身に付けたい」そう思いますね。

では、「効率的に、的確に身に付ける」ためにどうしたらいいのか、次章で話しますね。

 

 

接遇力の基本は接遇5原則プラス1にあります

接遇力

接遇力はトレーニングで身に付くものと、経験が必要なものがあります。

経験で身に付くものは、智恵の部分です。

知っていても使えるようになるには、智恵が必要になります。

 

例えば、接遇には5原則が存在します。

しかし、私の経験上、5原則では片手落ちな部分がある、と感じております。

これは、経験からくる1つの智恵と言えます。

接遇5原則プラス1に関しては、詳しい記事がございます。

是非そちらも読んでみて下さいね。

 

▷▶︎▷接遇5原則プラス1がとても大切、さらに接遇に磨きをかけよう!

 

▷▶︎▷動画で解説を見てみる

 

トレーニングで身に付くものとは、立ち居振舞いや表情になります。

 

ちなみに接遇5原則とは

・表情 ・身だしなみ ・挨拶 ・言葉遣い ・態度

になります。

 

この5原則のほとんどは、トレーニングによって身に付けることが可能です。

では、まず何を優先的にトレーニングすべきでしょうか?!

 

順位を付けるとしたら、

身だしなみ→表情→挨拶

となります。

 

接遇力

 

身だしなみについて

 

身だしなみは、見た目になるのですぐに変えることが出来ます。

最も意識することは、「清潔感」になります。

頭髪、服装、足元まで清潔感を感じられるようにします。

 

身だしなみについては、こちらの記事を参考にして下さい。

▷▶︎▷病院の接遇【身だしなみ】で不快感を与える前に整える方法

 

病院の身だしなみについて書いてますが、医療系の方だけでなく、身だしなみについてモーラ的に書いた記事なので参考になるはずです。

 

 

表情について

 

表情で必要なトレーニングは、「笑顔」のトレーニングになります。

笑顔ってトレーニングが必要なの?!と思うかもしれません。

ズバリ言います。

そう感じた方は、ほぼ必要です。

 

笑顔を作るのは、心や気持ちではないのです。

笑顔は筋肉で作られます。

特に、接遇を志す方は、この認識を持って頂きたいです。

 

筋肉はトレーニングによって鍛えられ、よくなります。

笑顔も筋トレと同じで、トレーニングすればするほど、いい笑顔が作ることが出来ます。

 

笑顔のトレーニング方法について、書いた記事があるのでそちらを参考にして下さい。

 

▷▶︎▷接客で必要な笑顔のトレーニング法【筋肉の図解で説明】

 

 

挨拶について

 

挨拶は、最初の印象を作る大切なものです。

挨拶という言葉は元々「禅」から来ているってご存知ですか?!

ひらせまる」とい書いて「ひらくせまる」と読みます。

ひらくとは心のことで、せまるとは相手の距離感を縮めることになります。

 

なので、接遇での挨拶は「先手必勝」になります。

挨拶についても、トレーニング方法や、詳しい意味など書いた記事があるので、是非読んでみて下さい。

 

▷▶︎▷「好印象な挨拶」4つのポイントとトレーニング方法

 

まずは、今あげました3つ、「身だしなみ」「表情」「挨拶」これに磨きをかけただけでもかなり接遇力はアップします。

 

さらに、言葉遣いなどさらに磨きをかけたいという方は、次の記事を参考にして下さい。

▷▶︎▷接客マナーでの言葉遣い、間違ってませんか?!敬語のまとめ

 

 

接遇力全開のあのテーマパークから学ぼう

接遇力

よく、接遇で引き合いに出されるところがあります。

それは「ディズニーランド」です。

では、なぜディズニーランドが接遇でよく、取り上げられるのでしょうか?!

それは、接遇力が圧倒的に強いからです。

 

ディズニーランドの堀顧問は、次のようなことをおっしゃっています。

それは、

「マニュアルを超えたところに感動がある」

ということです。

 

私は、接遇の本質を言い当てていると感じます。

「マニュアルを超える」ということは、どういうことでしょうか?!

マニュアルの手前ではないのです。

超えたところなんですね。

 

自由自在という言葉がありますが、これはしっかりとした基礎があってこそ手に入るものです。

自由と放縦は違います。

例えば、ピアニストのように自由にピアノを弾きたいと思ったのであれば、基礎と練習が必要になります。

基礎も練習もしていない人に、自由にピアノを弾いていいよと言って、ピアノを渡されても弾けませんね。

 

接遇にしても、同じことが言えます。

接遇という力を発揮するには、基礎とトレーニングが必要です。

それがやがて、パワーつまり接遇力になるのです。

 

先ほど、経験から智恵を学ぶということを話しました。

まさしく、ディズニーランドはそれぞれのキャストが、接遇という「智恵」を持っている言えます。

ディズニーランドで何十年にも渡って築き上げた、智恵の結晶がゲストへの対応の一瞬、一瞬に出る訳です。

 

その智恵を支えている、基礎となるものが接遇5原則などになります。

なので、基礎はしっかりと身に付けたいものですね。

 

ディズニーランドの接遇に関しては、詳しく記事にしているので是非読んでみて下さね。

 

▷▶︎▷接遇でディズニーランドを再現する為の【感動の法則】

 

 

まとめ

接遇力

接遇力を存分に発揮するために、基礎をしっかり身に付けて頂きたいです。

特に、笑顔はその効果は絶大です。

 

そして、接遇は人対人のコミニケーションになります。

なので、マニュアル化することはとても困難なことです。

そこで、頼れるのはやはり基礎になります。

 

ディズニーランドを引き合いに出しましたが、接遇という観点からは1つの完成形と言ってもいいぐらいです。

ミッキーマウスは、特に勉強になります。

 

ミッキーマウスは、みなさんに何を提供しているのでしょうか?

ミッキーマウスに会うアトラクションで、ミートミッキーというのがあります。

そこで出会うミッキーは、絶えず笑顔でポジティブオーラ全開ですね。

そして、ミッキーに会った人たちみんなも笑顔に変える力があります。

 

あの感化力こそが、接遇力の一端かもしれないですね。

内に秘めたパワーを磨き、最強のエンジンを手に入れるために、日々の積み重ねをしていきたいものですね。

 

ミッキーマウスについて書いた記事もあるので、是非読んでみて下さい。

 

▷▶︎▷好印象な【最強の自己紹介】の仕方はあの有名キャラクターから学べ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© Office Smile , 2019 All Rights Reserved.