マナー接遇セミナーやトレーニングのことなら

好印象な【最強の自己紹介】の仕方はあの有名キャラクターから学べ!

真弥三浦
WRITER
 
最強の自己紹介
この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

こんにちは、好印象&チアーアップアドバイザーの三浦真弥です。

今回はある視点から「最強自己紹介」の仕方について書きたいと思います。

さてそのある視点というのは超有名キャラクターを見るとわかります。

その有名キャラクターとはなんでしょうか?!

まやっぴー

 

自己紹介で大切なこと3つ

最強の自己紹介

好印象な自己紹介をするためにはメラビアンの法則を知っておくことが大切です。

メラビアンの法則とは簡単に言うと、「人は話しよりも視覚、聴覚から入ってくるもので内容が決まる」ということです。

 

次ようなデータがあります。

 

話しの伝わり方

・話す内容・・・・7%

・視覚・・・・・・55%

・聴覚・・・・・・38%

メラビアンの法則

メラビアンの法則よりこのようになります。

 

どういうことかというさ視覚というのは見た目になります。

見た目というのは表情や清潔感、ボディランゲージなどの視覚から入る情報です。

聴覚というのは声のトーンや声の大きさになります。

これらによってその話しの内容が決まるという法則を「メラビアンの法則」といいます。

いい話しをしても低い声でつまらなそうな表情で話せば相手には「いい話し」として伝わりません。

このメラビアの法則はとても大切な法則なので押さえておきましょう

 

 

メラビアンの法則から自己紹介はどうすればいいのか?!

メラビアンの法則でとてもわかりやすいのが「ミッキーマウス」です。

ミッキーマウスはいつも口角が上がり、声も元気で高いトーンで話しています。

これぞメラビアンの法則を最大限に生かした存在です。

 

誰にでも愛されているキャラクターのミッキーマウスを見習うといいんです。

表情は笑顔で、しっかりとして声と高いトーン、それにジェスチャーを入れると最強キャラクター、ミッキーマウスの完成です。

 

笑顔で話しをすると自ずと声のトーンは上がります。

そして高いトーンの声というのは無意識にいいことを話していると人は認識します

表情は笑顔で高いトーンで話すということがいかに大切かが分かると思います。

 

 

話す内容は何がいいか?!

最強の自己紹介

自己紹介で話す内容は一工夫ひとくふうするといいですね。

 

まずは名前と出身地、年齢など誰でも共通的なものは当然盛り込むます。

そして自分の中で何か特筆すべきものなのどかあれば話してもいいでしょう。

 

例えば「高校時代にテニスでインターハイに出ました」とか過去に何か「おっそれは凄い」ということでもいいですね。

 

趣味などもいいと思います。

「読書が好きで年間200冊以上本を読んでます」とか「趣味が高じて手芸がプロレベルになりました」など何か特徴的なことがあればそのようなこともいいと思います。

 

先日、面白い自己紹介をした人がおりました。

それは「自分の取説」ということで簡単に説明をしたのです。

「私は甘いものが大好きなのでむやみに甘いものなど与えないで下さい。体型が変わってしまいます」などちょっとクスッとなるようなことを言ってました。

 

自己紹介では「自分はこういう人です」ということを伝えるわけです。

なので自分の個性が出る一工夫をするといいですね。

 

 

会社の面接官は自己紹介で何を見ているのか

チェック

会社の面接の時などに自己紹介を求められたりしますね。

では面接官は何を見ているのでしょうか?!

それは「その人そのものがどのような人なのか」ということを一番見るわけです。

はっきり言って仕事が出来るかどうかはあまり見ていません。

仕事は「習うより慣れろ」と言われます。

なので現場で覚えるものなので最初から仕事が出来るかどうかみられません。

 

ちなみに前に書きました「自分の取説」を説明した人は会社の面接で話したのですが見事合格しました。

社会に出ると応用力やコミュニケーション力などが求められます。

「自分の取説」を話した人は「この人なら社会の中でうまくやっていくかもしれない」と思われたかもしれません。

 

 

自己紹介で好印象を残すために

最強の自己紹介

前にも書きましたが話す内容はどこで決まるのでしょうか?!

それは視覚、聴覚から入ってきた印象で話しの内容は好印象にも悪い印象にもなります

でも内容はどうでもいいかというそうではありません。

やはり汚い言葉や印象が悪くなるような内容は避けた方がいいです。

 

しかしそれよりも大切なことがあるということをしっかりと認識して下さい。

メラビアンの法則から言うと話しの内容7%でその他の93%は視覚、聴覚から入ってくるのです

 

ミッキーマウスは色々な言葉を発しております。

しかし何が残ってますか?!

話したことよりもミッキーマウスそのものの印象ではないでしょうか?!

また会ってみたい、ズーっと一緒にいたな」と感じる存在には共通点があます。

それは視覚と聴覚から入ってくるもので判断されているということです。

 

元気な高いトーンの声と表情は笑顔で、ボディランゲージを取り入れることによって最強の自己紹介が出来るようになります。

 

 

まとめ

最強の自己紹介

・最強の自己紹介をするために「メラビアンの法則」を使おう。

・メラビアンの法則を体現している存在は「ミッキーマウス」

・ミッキーマウスの表情と声のトーンを参考にしよう。

・話す内容は「自分の個性」が分かる一工夫をしよう。

この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© Office Smile , 2019 All Rights Reserved.