マナー接遇セミナーやトレーニングのことなら

【接遇のトレーニング】法則から導き出される見逃せない効果的方法

真弥三浦
WRITER
 
接遇トレーニング
この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

こんにちは、好印象&チアーアップアドバイザーの三浦真弥です。

 

何事も取得するには、トレーニングが必要です。

ちなみに英語習得に要する時間は、1000時間とも3000時間とも言われています。

1000時間だとしても、1日に1時間勉強して約2年と9ヶ月になります。

 

何もせずに、ある朝目覚めたら、英語が話せるようになることはないわけですね。

 

接遇も同じように、習得するにはトレーニングが必要です。

それは、日々の実践の中でしていくのか、意図的にしていくのかで習得するスピードは変わります。

 

では、接遇を習得するには、どのようなトレーニングが必要なのでしょうか?!

接遇のトレーニング方法を、まとめたいと思います。

三浦 真弥

 

接遇セミナーで実際に行っているトレーニングとは

接遇トレーニング

接遇で何を磨いていればいいのでしょうか?!それは、

相手に好印象を与えるための、印象力

になります。

 

印象力は、意識的に身に付けることが出来ます。

その理由は、心理学的な視点と、潜在意識のことを理解すると分かります。

次の記事に、詳しく説明されているので、是非合わせて読んで下さい。

 

▷▶︎▷【好印象を与える心理学テクニック】をあの有名キャラから学ぶ

▷▶︎▷接遇第一印象は1100万bit/秒のスピードで判断される、好印象UPのコツ

 

好印象を相手に与えるために、是非知って欲しい法則があります。それは、

メラビアンの法則

になります。

メラビアンの法則とは

・話しの内容・・・・7%

・声のトーン(聴覚)・・・・38%

・身体言語(ボディランゲージ)(視覚)・・・・55%

メラビアンの法則

感情を伴う、話しは「話の内容、聴覚からの情報、視覚からの情報」の3つの要素で伝わります。

そして、話の内容7%、聴覚からの情報30%、視覚からの情報55%となり、比率では

言語:声:身体言語=7:38:55

となるのです。

つまり、話の内容自体よりも、声そのものと、視覚からの情報が93%となります。

この法則が、メラビアンの法則になります。

 

メラビアンの法則から、何をトレーニングすればいいのか見えてきます。

では何をトレーニングすればいいのか?というと、主に3つあります。

1、表情(笑顔)

2、声

3、表現力(ボディランゲージ)

この3つをトレーニングによって磨いて行きます。

 

 

接遇で必要なトレーニングとは

接遇トレーニング

トレーニングする項目は、主に3つと話しました。

では、それぞれどのようにトレーニングすればいいのでしょうか?!

説明していきます。

 

1、表情(笑顔)

笑顔に関しては、接遇を行う上で基本になるので、絶対的に習得して下さい。

接遇で「笑顔」と言ったら、パーフェクトスマイルになります。

パーフェクトスマイルには3つの条件があります。

 

パーフェクトスマイル3つの条件とは

 

この3つを揃える必要があります。

特に、アジア人は生まれた時に口角が下がって生まれてきます。

反対に、欧米人は口角が上がって生まれてきます。

つまり、笑顔で生まれてくるんですね。

この時点で、欧米人とアジア人の笑顔の差があります。

 

なので、アジア人である日本人は、笑顔を身に付けていかなくてはならないのです。

意識的に、笑顔を身に付けていくには、トレーニングが必要です。

 

パーフェクトスマイルの作り方や、トレーニング方法などは詳しい記事があります。

是非、そちらを読んでいただき、マスターして欲しいです。

▷▶︎▷接客で必要な笑顔のトレーニング法【筋肉の図解で説明】

 

 

接遇トレーニング

2、声

声もトレーニングによって、好印象な声質に変えられます。

好印象な声とは、どのような声なのでしょうか?!それは、

しっかり芯のある声で、高めのトーンの声

です。

 

人は無意識に、高いトーンの声を聞くと、「何かいいことを話している」と認識します。

どういうことかというと、

 

例えば、

 

コンサートに行った時に、目の前に大好きなアーティストが登場したら思わず「きゃー」と黄色い奇声を上げてしまいますね。

反対に、嫌な匂いなど嗅いだ時に「んっ、臭い」と決して高いトーンの声では言いません。

このように、人は無意識に声のトーンなどに「自分の感情を乗せている」

ということです。

 

なので、話している時に、ボソボソと低い声で話されると「何か嫌なのかな」と相手は感じているかもしれません。

 

反対に、高めのトーンでしっかりした声で、受け答えをすると「とても清々しい、気持ちのいい人だなぁ」という印象を与えることが出来ます。

 

なぜなら、嬉しい時や、テンションが高い時は自然と声も大きくなり、トーンも高くなるからです。

そのような声を聞くと、人は無意識に「何かいいこてでもあったのかな」と感じるわけです。

 

声のトレーニングは、腹筋や発声練習などがあります。

 

声のトレーニング方法の他、接遇で大切なトレーニングを書いた記事もご用意しているので、そちらを是非参考にして下さい。

▶︎接客トレーニングは土台が大切です。土台を作る為のトレーニング法!

 

 

3、表現力(ボディランゲージ)

 

表現力のトレーニング方法は、まず自分自信のクセなどを知る必要があます。

自分自信のを知るには、自分の姿をビデオに撮るとよく分かります。

 

どのような姿を、ビデオに撮ればいいのかというと、

3分間スピーチなど、原稿を用意して話している姿を撮ってみて下さい。

 

自分の姿をビデオに撮って判ることは、次のようなことです。

・話し方のクセ

・表情

・ボディランゲージ

細かい部分もありますが、まずはこの3つを観察しましょう。

 

この3つは、好印象になるための表現力を身に着けために、抑えておく必要があります。

 

◇話し方のクセとは

話し方には、知らず知らずに身に着いたクセがあります。

次のことをチェックしてみて下さい。

・余分な言葉はないか

・口癖は何か

です。

 

余分な言葉とは、「えー」とか「あのー」などです。

 

口癖はスピーチ形式だと見つけにくいのですが、ことあるごとに使っている言葉になります。

具体的には、「凄く、凄い、本当に、めっちゃ、やばい、なるほど」などがあます。

これら、余分な言葉と、口癖は印象を下げてしまいます。

 

余分な言葉は、言葉自体に意味がありません。

なので、きっぱり言わないようにします。

言いたくなったら、その言葉を飲み込み「間」に変えて下さい。

 

ビデオで撮影していただくと分かりますが、間になっても全く違和感はありません。

むしろ、「えー」や「あのー」などの言葉の方が違和感を感じるはずです。

 

口癖は、多様すると余分な言葉のように、その言葉の意味がなくなります。

「本当に~」「○は本当にいい」「本当に凄かった」など本当にを連発すると、「本当」という意味が薄れてしまい、意味を持たなくなるということです。

 

また、「やばい、めっちゃ、超」などの言葉も、接遇にはふさわしくないので使いません。

 

 

◇表情とは

 

表情に関しては「笑顔」、パーフェクトスマイルになります。

前にも話しましたが、笑顔は接遇の土台になるので、身に着けて下さいね。

 

とても詳しく書いてありので是非、こちらの記事を参考にして下さい。

▷▶︎▷接客で必要な笑顔のトレーニング法【筋肉の図解で説明】

 

 

◇ボディランゲージを身に付けるには

 

ボディランゲージは、研究が必要です。

自分が好きな、アーティストや映画スターなどを見て、自分がかっこいいなと思うものを取り入れるといいです。

 

驚きのジェスチャーや、喜びのジェスチャーなど、人は知らず知らずのうちにリアクションしています。

どうせなら、かっこいい方がいいと思いませんか?!

かっこいいジェスチャーを身に付けるには、誰からの自分がかっこいいと思ったジェスチャーを真似るのが手っ取り早いです。

 

テレビや映画を見る時に、是非そのような視点で見て下さい。

沢山の発見があるはずです。

 

 

まとめ

接遇トレーニング

接遇のトレーニングについて、話しました。

結構意外なこともあったのですないでしょうか?!

 

私は経験上、接遇で大切なのは「印象力」と結論付けてます。

どんなに言葉使いや、立ち居振る舞いが良くても、笑顔がなく、声に好感が持てなければ台無しです。

 

同じ接遇を実践しても、差が出てしまうのは一重に「印象力の差」です。

電話の応対などは、声が勝負なので顕著に出ます。

 

是非、メラビアンの法則から導き出される、トレーニングの数々を実践して欲しいです。

 

メラビアンの法則から判るトレーニングとは、

1、表情(笑顔)

2、声

3、表現力(ボディランゲージ)

これら3つに磨きをかけるということです。

 

人の第一印象は、0.5秒で決まるとも言われています。

一瞬会っただけで、ファンにしてしまうそのような印象力を是非身に着けて下さい。

 

▷▶︎▷接遇第一印象は1100万bit/秒のスピードで判断される、好印象UPのコツ

是非、こちらの記事も読んでみて下さい。

 

何かご質問や、聞いてみたいことがあればコンタクトよりご連絡下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© Office Smile , 2019 All Rights Reserved.