マナー接遇セミナーやトレーニングのことなら

【歯並び悪い】笑顔の作り方教えます!笑顔のメリット3つと損する理由

真弥三浦
WRITER
 
笑顔歯並び
この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

こんにちは、好印象&チアーアップアドバイザーの三浦真弥です。

 

歯並びが悪くて不自然な笑顔になってしまう。

そんな悩み持っていませんか?!

歯並びを治すには、時間とお金がかかります。

歯並びは良いのに越したことはないのですが、歯並びにも勝るものがここで紹介する「パーフェクトスマイル」になります。

 

私がトレーニングした方の中でも、「歯並びが悪いことを気にしてしまう」という方が結構多いのです。

今回は歯並びと笑顔について話したいと思います。

 

もし、こんな悩みを持っていましたら是非読んでみて下さいね。

・歯並びが悪くて歯を見せないように笑ってしまう。

・歯並びがコンプレッスクで堂々した笑顔が作れない。

・歯並びの悪さがとにかく嫌で仕方がない。

・歯並びを治そうか迷っている。

等々、歯並びに関してのお悩みに関して考え方や、笑顔の重要性を教えますね。

三浦 真弥

 

 

歯並び悪くても笑顔の時だけ気にする必要はない

笑顔歯並び

もし、歯並びを隠すために、不自然な笑顔を作っているのなら、笑顔の時だけ意識しなくてもいいのです。

なぜなら、言葉を話せば歯並びは隠せないからです。

 

それならば、思いっきりいい笑顔を作った方がいいと思いませんか?!

あなたの笑顔を見た相手は、自分が思っているより、あなたのことを気にはしていません。

人ってそういうものです。

 

例えば、集合写真を見て、真っ先に見るのは誰でしょうか?!

まず、自分を見ると思います。

そして、「あっ、目をつぶっている」とか「もっといい笑顔で写りたかった」と感じるわけです。

それだけ、人は自分のことは気にしますが、他人のことはお構いなしのところがあります。

 

歯並びを気にする方って、そうとう歯に対して意識の高い人になります。

それよりも、清潔な歯の方が大切です。

口臭があったり、歯石で歯が汚れていたりする方が嫌悪感を感じるものです。

 

以前、ある方のポスター撮影のために、トレーニングをすることになりました。

その方も、歯並びがコンプレッスクで微妙な笑顔のポスターが貼られてました。

トレーニングをして、パーフェクトスマイルでポスターを作成したのです。

新しいポスターと、古いポスターを比べてみました。

そして、沢山の方々にどちらがいいか尋ねてみたのてすが、断然新しいポスターの方が好評でした。

 

パーフェクトスマイルで作成したポスターの印象を聞いてみると、次のようなことでした。

それは、

「未来を託したくなる」「頼れる」「さわやか」「凄くいい人そう」

このような反応でした。

歯並びに関しては一切触れられていません。

それよりも、その笑顔から受ける印象の方が勝っているのです。

 

 

歯並びが悪くても思いっきり笑顔の方がいい理由

笑顔歯並び

ではなぜ、思いっきりいい笑顔の方がいいのでしょうか?!

それには、次の3つの理由があります。

 

笑顔(パーフェクトスマイル)がいい理由3つ

1、不自然な笑顔よりも断然パーフェクトスマイルの方がいい。

2、口角を上げることによってポジティブ思考になれる。

3、歯並びを隠そうとするより堂々とした方が好印象をあたえられる。

 

 

1、不自然な笑顔よりも断然パーフェクトスマイルの方がいい。

笑顔は断然「パーフェクトスマイル」がいいのです。

不自然な笑顔の前に、ちゃんとパーフェクトスマイルが、作れるようになることが大切です。

 

笑顔と言っても、人それぞれ笑顔があります。

ここでは、3つの条件がある「パーフェクトスマイル」を笑顔と言います。

 

パーフェクトスマイル3つの条件

1、目が三日月型になっている。

2、表情筋が上がっている。

3、スマイルラインが出ている(スマイルラインとは上の歯が810本出ている状態です)。

以上がパーフェクトスマイルの3つの条件になります。

 

歯並びに関係なく、パーフェクトスマイルを作れる人って結構少ないです。

なので、まずはパーフェクトスマイルを作れるようになりましょう。

 

パーフェクトスマイルが作れるようになったのなら、歯並びよりもその笑顔の方が断然いいのです。

 

パーフェクトスマイルの作り方や、トレーニング方法はこちらの記事を参考にして下さい。

▷▶︎▷接客で必要な笑顔のトレーニング法【筋肉の図解で説明】

 

笑顔歯並び

 

2、口角を上げることによってポジティブ思考になれる。

 

パーフェクトスマイルを作るには、表情筋を上げる必要があります。

表情筋を上げると、脳が次のような反応を起こします。

 

「あっ、今笑っている、ということは楽しいか幸せを感じてるんだ」

そうすると、脳は

「幸せを感じさせなきゃ!」

ということで、通称「幸せホルモン」と言われている「セロトニン」の分泌が活性化します。

セロトニンの分泌によって、実際に「幸福感」を感じることになります。

 

セロトニンは幸福感を感じさせる他に、精神を安定させたり、ポジティブ思考にさせたりします。

このことは、パーフェクトスマイルを作り続けることによって実際に体験出来ることです。

しかし、中途半端な笑顔だと、口角が上がり切らないのでその効果も半減してしまいます。

 

ぜひ、パーフェクトスマイルを作って、歯並びというコンプレッスクを吹き飛ばして頂きたいです。

 

 

3、歯並びの悪さを隠そうとするより、堂々したした方が好印象をあたえられる。

 

最初にポスターの話しをしましたが、人は何かを隠そうとすると、その気持ちは表情にも現れてしまいます。

その表れた表情から「自身がなさそう」とか「スッキリしないなぁ」などというプラスのイメージよりもマイナスのイメージが伝わってしまいます。

 

しかし、コンプレッスクも構わずさらけ出すと、とても潔さが出ます。

芸人さんたちが典型的な例ですが、芸人さんたちはご自身のコンプレッスクが特徴となり売れていく場合が多々あるわけです。

 

コンプレッスクを味方につけるためにも、パーフェクトスマイルをどんどん作り、「セロトニン」をより多く分泌させましょう。

そうすることによって、さらにポジティブ思考になり、歯並びについて色々言われたとしても、芸人さんたちのように「いじられてラッキー」ぐらいの気持ちなれます。

 

以上3つのことを挙げましたが、圧倒的にプラスのことが多いと思いませんか?!

是非、今日から「パーフェクトスマイル」を周りに振りまきましょう。

 

 

「歯並びが悪い」というコンプレッスクをポジティブ思考に変換

笑顔歯並び

まず最初に考えて欲しいことは、コンプレックスを一生持ち続けたいかということです。

そして、コンプレックスは人との比較によって生まれるということです。

他人よりも良くないと感じると、コンプレックスになりますね。

 

例えば、「一重まぶた」「鼻が低い」「頬骨が出ている」など沢山あると思います。

人は、生命維持という本能があるので、良くないことに対して反応しやすい特徴があります。

とても大切な本能なのですが、時にコンプレックスを作り出したりするわけですね。

 

コンプレックスは心で感じるものです。

一重まぶたや鼻が低いということは、身体的なことです。

身体的なことは、容易に変えられないことがほとんどです。

であれば、捉え方を変えてしまえばいいのです。

 

一番いいのは「気にしない」ことです。

1個のコンプレックスで、沢山損してしまう場合があります。

コンプレックスを気にせず、堂々とした方がはるかにメリットが大きいのです。

 

そして、人は「弱さ」など弱点に好感や共感を得ます。

誰しも、コンプレックスは持っています。

なので、コンプレックス自体が共通点になるわけです。

 

ハリウッド映画のストーリーを思い出して下さい。

ヒーローが出て来ますが、序盤でボコボコにやられて、様々なドラマを経てハッピーエンドになります。

このドラマは、弱さがないと生まれないのです。

そして、観ている人たちはこの弱さに共感して、最後感動しているわけですね。

 

あなたの「歯並び」をパーフェクトスマイルで乗り切って欲しいです。

その心の変化に、人は共感し感動します。

 

是非、応援するので歯並びを気にせず思いっきりいい笑顔を作って下さいね。

 

 

まとめ

笑顔歯並び

歯並びの悪さから、笑顔が堂々と作れない時の考え方や、メリットについて話しました。

歯並びは直せますが、時間とお金がかかります。

なので、心を切り替えてパーフェクトスマイルを作ろうということなのですが、とは言ってもなかなか切り替えられないかもしまれせんね。

 

人が怖いと感じることの1つに「変化」があります。

人は変わりたいと思っているのに、変化を怖がるところがあります。

昆虫は「完全変体」というプロセスを経て、成虫になります。

 

完全変体とは

卵→幼虫→蛹→成虫

という段階を経るわけです。

 

幼虫から蛹になり、そして成虫になるってとっても勇気のいることのように思います。

でも、もし幼虫のままでいたら、空を飛べる蝶々にはなれないわけです。

ずーっと地面を這って生きていくことになります。

 

自分を変えるには「勇気」がいることです。

しかし、勇気を出して変えてみた時に、今までとは違った景色が見えるはずです。

 

ぜひ、幼虫のままで終わることなく、成虫になって羽ばたいと欲しいと願います。

 

ご質問や、聞いてみたいことがあれば、気軽にお問合せしてみて下さい。

問合せ自体も何かの変化なので、ちょっと勇気がいることかもしれません。

しかし、質問の後何か変化が起こるはずです。

みなさまがより良くなるために応援しています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© Office Smile , 2019 All Rights Reserved.