マナー接遇セミナーやトレーニングのことなら

Web用の顔写真それで大丈夫?!

真弥三浦
WRITER
 
まやっぴー
この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

一枚の写真は百聞にかず

たくさんの言葉を尽くしてもその時の写真から得る情報の方がリアルです。

歴史上の人物など写真があるかないかでイメージがだいぶ違うと思いませんか?!

未だに謎の多い「イエス・キリスト」もそのお一人だと思います。

イエス様の写真があれば色々な謎とされていることが解明もされると思います。

どれだけ活字で伝えられてもその謎は深いです。

ご両親の写真を見ればその当時の雰囲気や生活のあり方なども感じ取ることができます。

今は本当に手軽に写真を撮ることができる時代になりました。

写真は一生どころか後世にまで残ります。

だからこそ一枚一枚の写真を大事に撮るように心がけててみてはいかがでしょうか?!

 

 

Webでの顔写真、それで大丈夫?!

今ではフェイスブックを始め多くのWebで顔写真を載せている方が多くいらっしゃいます。

サイトで顔出しをするというのは安心感を与える大切な要素だと思います。

でも写真によっては逆効果になる場合もあます。

一枚の写真は百聞に如かず」の通り写真から受ける印象は無意識のレベルで処理されます。

いわゆる潜在意識で判断されるということです。

一旦潜在意識に刺さってしまうとそれを払拭するのは大変です。

その処理の速度は「0.5秒」とも「0.1秒」とも言われております。

潜在意識はとても早いスピードで一瞬で判断を下します。

これがいわゆる「印象」として残ります。

好印象の顔写真で大切なこと

男性だとズバリ「清潔感」です。

女性だと「女性らしさ」だと思っております。

頭髪やメイクや表情といった要素のバランスが大切です。

これらのバランスで最高の状態を作り出します。

男性の清潔感は女性目線からもとても好印象です。

不潔な印象は心理的にどうなるかというと「接したくない」となります。

不潔さはどういう所で出やすいかというと「頭髪」です。

頭髪を始め無駄毛にもでます。ヒゲの剃り残し、鼻毛、耳毛など要注意です。

今のカメラはとても高精細に映るので色々なものまで映り込みます。

Web用の顔写真を撮る前にぜひ鏡でチェックしてみて下さい。

女性の場合はまず「笑顔」でぜひ撮って頂きたいです。

そしてそれを引き立てるメイクをして下さい。

服装もイメージにあったものを選びより「女性らしさ」というものを引き立てて欲しいです。

女性の場合は不潔なイメージにはなりにくいです。

しかし表情には気をつけて頂きたいと思います。

「怖そう」「固そう」「いじわるそう」などその表情から読み取られます。

ぜひ「優しい柔らか」なイメージになるようにして頂きたいと願います。

 

 

いい笑顔はインスタントに作れます!

コツさえつかめばいい笑顔はインスタントに作ることが出来ます。

ポイントは「表情筋」です。表情筋はほほの部分の筋肉になります。

このほほの筋肉を両手の指をそろえて左右のほほを指先でマッサージしてあげて下さい。

円を描くようにグリグリとマッサージするだけで表情筋が上がりやすくなります。

ぜひやる前とやった後を見比べてみて下さい。

凝り固まっている人ほど違いに驚くかもしれません。そのぐらい違います。

このようにちょっとした笑顔を作るコツがあるのでぜひ試してみてください。

まとめ

・一枚の写真は雄弁に語ります。

・Webに載せる顔写真は場合によっては逆効果になるので気をつけよう。

・顔写真で大切なことは男性は「清潔感」女性は「女性らしさ」

・笑顔はコツをつかめばいい笑顔が作れる。「表情筋」がポイント。

◆関連記事◆

この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© Office Smile , 2018 All Rights Reserved.