マナー接遇セミナーやトレーニングのことなら

好印象を与える女性の服装は「ターゲット」が決まれば迷わない!

真弥三浦
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

「迷い」をスッキリしたい!

ケーキを選ぶ時、レストランで何を食べるか決める時

渋滞を避けて通る道を選ぶ時など「迷う」ことはたくさんあります。

でもこの迷いが取れてバシッと進めると気持ちのいいものです。

 

何かの時に服装に迷うということは多々あります。

そのような「服装の迷い」をとり女性が好印象になる服装は

どうすればいいのか考察してみました。

 

 

「好印象を与える服装」にするために!4つのポイント

こちらの記事に辿り着かれた方は「服装」で悩まれていると思います。

この場合「悩み=迷い」だと思います。

好印象を与える服装」にするために

迷わないための4つの重要なポイントがあります。

・ターゲットを絞る

・TPOを考える

・自分に合ったカラーを選ぶ

・奇抜にならない。

 

・ターゲットを絞る

服装を気にするということは誰かに会うためだと思います。

なので誰に何のために会うのか再度考えてみましょう。

 

婚活なのか就活なのかプレゼンなのか、デートなのか?

そして結果として何を得たいのかも考えてみましょう。

これは具体的なほどいいです。

 

婚活であればどういう人と出会いたいのか

その出会いたい相手はどのような好みがあるのか

こう考えてみましょう。

 

・TPOを考える

TPOを考えることは「好印象を与える服装」でとても大切なことです。

例えばパーティーに呼ばれたとしたら

主賓より目立ったり豪華な印象になるのはNGです。

かといって映えないのもよくないですね。

 

このようにシチュエーションに合わせた服装があるので

それに見合ったものにしましょう。

 

・自分に合ったカラーを選ぶ

肌の色や体型、身長などで選ぶカラーは変わってきます。

女性であれば「ピンクは可愛く見える」と言っても

とっても似合う人ともっと違う色の方が合う人がいます。

 

ピンクのイメージは「可愛い」というのが確かにあります。

小柄な人がピンクを選ぶとより一層可愛らしさが強調されたりします。

反対に大柄な人は白などは清潔感、清楚感がでるのですが

膨張色になるので大きさがより強調されたりします。

 

肌の色でも原色系が合う方や暖色が合う方など様々です。

なので自分に合うカラーを選ぶのはとても大切な要素と言えます。

 

・奇抜にならない

デザインやコーディネートの仕方は

その人のセンスが出ますね。

ここで気を付けて頂きたいのは決して奇抜にならないということです。

よくやりがちなのは好きなアーティストがやっているコーデだからと

真似してしまうケースがあります。

悪いことではないのですがその人に合う服装かは別問題です。

気持ちはわかりますが冷静になりましょう。

個性を出さなければならないのであれば「奇抜さ」も必要です。

でもそうでなければ避けましょう。

 

 

あるプレゼン大会での話

私がこのような「好印象を与える服装」で記憶に残っていることがあります。

あるプレゼンの大会でリハーサル段階では

なんの特徴もなく埋もれていた方がおりました。

 

しかし大会当日なんとその方が優勝するという快挙を遂げたのです。

大会後その方に話しを聞いたところ

大会への意気込みが周りの方々とは数段違っておりました。

 

その方は当日使うツール(プレゼン画像をスムーズに動かす装置)

をその大会のために購入したり、前日に美容室に行かれたり

更に全身の服もコーディネートしてもらい新調したとのことでした。

 

このような心がけが圧倒的な印象力を発揮して優勝に導いたいい例と言えます。

 

誤解を恐れず言えば

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

という本が売れましたがこの「勘違いさせる力」はとても重要なスキルの一つだと思います。

決して「勘違い女」にはならないでくださいね。

またこれはちゃんとした実力があって「勘違いさせる力」があることが大切です。

 

 

迷いを振り切った自信のあるコーディネートで行こう!

ターゲットを明確にして得たい結果に向けて

迷いのない「好印象を与える服装」でしっかりターゲットを射抜こう!

この考えをお腹に落として大切な日を迎えてください。

 

今回は具体的なコーディネート方法ではなく考え方を書きました。

なぜならばコーディネートを書くと膨大な量のまとまりのないものなるからです。

冠婚葬祭だけでも違いますし、就活、婚活でも違います。

なので無難に「清楚感を出そう」とか「清潔感が大事」という論調を避け

迷わない好印象を与える服装」ということにフォーカスしました。

 

 

もう一つスパイスを!

せっかくコーディネートもバッチリ決めて

美容室にもいってより美しくなったのであれば

ぜひ笑顔を意識してみてください。

 

私の好きな言葉にマリリン・モンローが言った

笑顔は最高のメイクよ」という言葉があります。

表情は心の出口です!

ぜひハッピースマイルを作れるようにこちらの記事も参考にしてみて下さいね!

参考記事

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© Office Smile , 2018 All Rights Reserved.