マナー接遇セミナーやトレーニングのことなら

就活で「やりたいことが見つからない」時に考えること

真弥三浦
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

 

現代社会はやれることが多すぎる

就職活動は今まで培ってきた自分の全てを出す時です。

ジタバタしても始まりません「自分らしく」堂々と進もう!!

就活中は沢山の不安や悩みが共存する状態だと思います。

その中でも「やりたいことが分からない」という悩みが多いように感じます。

これは「出来ることが多すぎる」という社会情勢とも関係があると感じます。

働き方やお金の稼ぎ方が種々多様になった今だからこそ起きる悩みのように感じます。

ちょっと昔の日本は「士農工商」というカテゴリーでやることがごく限られた時代だったわけです。

パソコンを教える人が言ってました。生徒さんは「パソコンをやりたいんです!」と言ってきます。

先生は「パソコンで何がやりたいですか?」と聞くと「えっ?バソコンで何を?」という回答が返ってきたりましす。

パソコンって出来ることが多いからそもそも何をパソコンでやりたいのかも分からなくなります。

パソコンである人は写真を加工する人、ブログを書く人、音楽を作ったりする人などがあります。

パソコンの活用法は人の数だけあると言ってもいいぐらいです。

話しを戻します。社会に出てやりたいことが分からないと感じている人はちょっと整理してみよう。

パソコンで目的を持って習う人とそうでない人ではやはり差がでます。

社会に出るにしても目的を持って出よう。そして目的がやりたいことであればなお良いと思いませんか?

目的はやはり収入を得るというのがまずあげられると思います。

「えっその他に何があるの?」と思った人は見つめ直す大きなチャンスです。

私の友人に「食べるために働くのではなく、働くために食べていたい」ということを言った人がいました。

それだけ仕事に情熱とやりがいを持ってのぞんでいる人です。

 

 

そもそも自分は何が出来るのか?何が好きで何が苦手なのか?シッカリ把握しよう。

物造りが好きなのか、研究が好きなのか、教えることが好きなのか色々あると思います。

そうすると出来ることが絞られてくると思います。

人と接するとこが好きであれば接客などもいいと思います。

逆に人と接するよりも何か黙々と作業をしていたいという人にとっては接客業では長続きしない可能性があります。

 

消去法になりますがこのように自分にはどんな能力があるか把握します。

そして好きなことは何か、苦手なことは何か把握することによって自ずと何に適しているのか見えてきませんか?

自分のことって意外と分かってないものです。

苦手だと思っていたことがやってみたら楽しく感じることもあります。

一つ一つ自己分析をして自分をまずは自分を知ることをやってみよう!

 

 

目的意識を持とう

この「目的意識」はとても大切です。

まず営業をやってみて人との関係を築こうとか、経理を勉強してお金の流れや仕組みを知ろうとか、

将来経営者になりたいので下積みをしようとか色々あるわけです。

やりたいことが見つからない人の場合はこの「目的」を見つけてみるのもいいですね。

時間の流れというものは万人に等しく流れます。

そしてあまり意識出来ないと思いますが日々年をとります。

30代、40代、50代となった時にどのような自分になっていたいか考えてみよう。

よく企業など言われることがあります。それは5年後、10年後の自分の姿を知りたければ

5年、10年先輩の姿を見ればいいと。

先輩を見た時にキラキラ輝き自分が望んでいる姿になっているか?

なんか期待していたものと違うのか判断の参考になると思います。

こうしてみると「何をやりたいか」というより「どういう自分になりたいか」

という視点で見た方がいいのかもしれませんね。

それには「目的意識を持つ」ということが大切です。

 

 

自己投資は惜しみなくしよう!

出費の面で悩まれる方も多いと思います。色々新しいことを始める時はお金がかかります。

これは計画的に出来ていればよりベターと言えます。

旅行や自分のやりたいこと、好きなことには惜しげもなく投資しますが

いざ就活で必要になるお金となると渋ったりしてませんか?!

これは自己投資になるので本来はシッカリお金をかけるところです。

私はアメリカで育ちました。アメリカでは高校までは親が面倒を見てくれます。

大学は自力で行く人が結構多いんです。

なので高校生の時にするバイトは大学資金を貯めるためにバイトをします。

高校生の時からこのようにマネージメントをするような気風がアメリカにはあります。

就活でかかる出費は自己投資です。かけるべきものはシッカリと経費をかけよう!

自分磨きをするためにセミナーに参加したり、ボランティア活動に参加したりすることはとても有意義と言えます。

自分と違う価値観を持っている人と接することはとても重要なことです。

経験や人脈というお金では買えない尊いものになります。そこで長く関わる人に出会ったりもします。

私の知っている経営者に学生は無料というセミナーをされていた方がおりました。

今はもうやめてしまいました。しかしそれだけ若い方々に対していい人材になって欲しいと願っている方々は沢山いらっしゃいます。

私も多くの学生や就活生に接し応援して参りました。

その方々が第一希望の会社に合格されたり、トレーニングによって変わっていく姿をみると心から嬉しく思います。

若い人たちは変化が早い!そう実感します。

就活というものはその時にしか味わえません。

就活という大きな変化の時に自分自信も大きく変わろう!

そのためにはかかる経費はシッカリかけるべきです。

 

 

就活で「なにをやりたいのか分からない」時のまとめ

・現代はやれることが多いので選択技の多さに迷ってします。

・自分を知ることによってやれることが分かる。

・目的意識を持つことが大切。

・自己投資は惜しみなくすべし!

この記事を書いている人 - WRITER -
真弥三浦

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© Office Smile , 2018 All Rights Reserved.